キングダム510話ネタバレ・感想!王翦将軍が王都圏侵入?

キングダム ネタバレ 510 感想
Pocket

本記事では、漫画『キングダム』第510話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

前回で気になる点は2つでしたね。

1つは、信が望楼に突っ立っていましたがつまりは飛信隊が城内を制圧したという解釈で良いのか?

もう1つは、こちらの方が遥かに重要なのですが李牧が仕組んだ罠ですね。

ここで大事になってくる事は、列尾が秦国にとっての呼吸口になるという事でしょう。

つまり、秦国の呼吸を詰まらせる事ができる何かを仕組んだという事になりますね。

一先ず前回で列尾攻略も終了しましたし、第510話では趙国側にシフトするか秦国内の動きが見られると予想していたのですが、どうなるのか?

楽しみですね。

それでは早速、漫画『キングダム』第510話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧下さい


スポンサーリンク



漫画『キングダム』 前回の内容をおさらい

王翦出発!?

楊端和と飛信隊にあたらせた時点で、王翦の出陣はないだろうと予想されていました。

元より、自分の軍勢を削られるのを嫌う王翦です。

さらに言えば、実力が不明確な部隊を持ったままで窮地の作戦を立てられないという事実もあるでしょう。

ここで、楊端和軍と飛信隊の実力を知っておきたかったというのが、本当のところではないでしょうか。

仁とバジオウについては、王翦の目にもとまったと思えます。

 

列尾陥落!?

飛信隊が攻め込んだことで、門周囲を固めていた兵は根こそぎ刈り取られることになりますね。

そうなれば、もう塞いでいる兵はいなくなります。

楊端和の本軍もまだそのまま。

全軍出撃で一気に列尾が陥落することになるでしょう。

公孫龍将軍の援軍は全く間に合わないということになります。

果たして、集めた兵を今後どこに持っていくのか。

王翦将軍もそのことを考えて王都圏を侵略していくものと思われます。

 

王翦将軍が王都圏侵入する!?

超速でここまでやってきた王翦。

鬼門となる閼与の突破を目論むため、ここから先も進軍の足はゆるめないものと思われます。

列尾については、ある程度目処がついた時点で、自らの本軍は先に王都権を貫く可能性が高いと言えますね。

史実によれば、ここから先で合計9つの城を取ることになります(閼与や鄴を除く)。

桓騎将軍と楊端和将軍。

そして、王翦将軍でそれだけの進軍を行うということは、全員一丸というよりも、バラバラの進路を取りながら、後に合流するという戦略なのかもしれませんね。

蒙驁将軍も山陽の戦いで同じような作戦を取っていました。

そうすることで、趙の王都圏にある援軍も分散せざるを得ません。

李牧無き今が最高の機会です。

 

亜光と麻鉱の実力は!?

王翦の主力級であるこの二人の実力は未だ知られていません。

そろそろ見せて欲しいところではありますが、知も武も相当な実力者とみて間違いないでしょう。

特に、王翦将軍は武勇に優れているというよりは、知略で攻めている人物です。

となれば、武の補填は彼らがやっているということになります。

一人の武人としての力量は、想像を超えると言う可能性もありますね。

しかしながら、李牧にその実力を知られずに、相対したいところというのが王翦だと思います。

ここぞという時までは、自軍の正確な戦力は把握させないと予想されます。

となれば、亜光と麻鉱が戦に登場するのは、もう少し後になるかもしれませんね

 

漫画『キングダム』第510話 ネタバレ

列尾城 城内に野営中の飛信隊

干斗(かんと)「・・・チクショオオ!!!」「何もできなかった・・・ あれだけ厳しい選抜抜けてきて」

「あんだけきつい訓練繰り返してきたのに」

「いざ始まったら何もできなかった!」「くそオオっ!!」

新兵「いくら初陣つっても正直俺らもっとやれると思ってたな・・・」

混(こん)「うう、痛てェ」

新兵「大丈夫か混」

―惇(トン)兄弟が口を開く

角(かく)「あ?俺達まで一緒にすんなよ俺と告は5人ずつ敵を倒したぞ」

告(こく)「ククク 俺達以外はみーんな口ばっかだったってことか 角兄ィギャハハハ!!」

干斗「・・・何だと惇告!もう一度言ってみろや!」

告「おお、口だけ干斗やんのかオイ」

干斗「ぶっ殺すぞ!てめェら!」

新兵達「干斗!!」

―干斗の頭を槍で叩く松佐

干斗「いっでェェェェ!!」

松佐(しょうさ)「せっかく初陣生き延びたんだから楽しくやれよ、お前達」

新兵達「あっ!松佐百人将!祟原歩兵長!」

尾平(びへい)「酒持ってきてやったぞー」

新兵達「最古参っつー尾平什長も!おっ、お疲れ様です!」

 

初陣の夜のお酒

―大量の器に酒をついでいく松佐

松佐「さー飲め飲め 信のところから三千人将以上に振る舞われる酒をとってきてやったぞ」

新兵「えっ!(汗)」

干斗「・・・でも、大ケガした奴も死んだ奴もいるし 正直、酒飲む気分じゃねェっス・・・」

松佐「バーカ、だから飲むんだよ俺は生きてるコノヤローってな」

新兵達「・・・」

「・・・」

「・・・」

「ハ・・・ハイ!」

「ちょ!こっちも回してくれ!」

松佐達「ギャハハ! よし慶!裸踊りだ」「飛ばし過ぎだバカ!」

干斗「祟原歩兵長・・・」「今日は本当にありがとうございました・・・」

「助けてもらってなかったら 俺らあっさり死んでました・・・」

新兵達「・・・」

祟原(すうげん)「礼を言うくらいならさっさと強くなれよ口だけ干斗」

干斗「・・・スンマセン」

松佐「クク、そんなに新人イジメるなって祟原」「そういうお前だって初陣じゃー
ビビって小便もらして」「一人も斬れずに終わったじゃないか」

祟原「!」

干斗「え」

新兵「えっ」

新兵「ええーっ!?ちょ・・・ほっ、本当ですか!祟原歩兵長!?」

尾平「ほっ、本当なのか祟原!」

祟原「どこで聞いたお前」

松佐「え、俺となりの隊にいたもん」

祟原「・・・ああ、本当だ十七かそこらだったし小便を我慢してたら奇襲があったからだ」

「その後しばらくは『小便もらしの祟原』と バカにされた」

大笑い尾平「”小便漏らしの祟原”!」「それは恥ずかしい!俺の初陣よりひでー!」

昴「尾平さん(汗)」

尾平「ワハハ!初めて祟原の弱みをにぎったぞー!!」

祟原「その後もちろんバカにした奴ら全員半殺しにしてやったけどな」

―額に青筋をたて睨む祟原

新兵「で、ですよねー(汗)」

尾平(怖っ(汗))

―怖くて目を逸らす尾平

昴「尾平さんて本っ当バカだね(汗)」

新兵「歩兵長も最初そんなんだったら少し安心しました・・・」

干斗「っス」

角「って事は!いきなり活躍した俺らは歩兵長以上の男に!」

告「角兄ィ!」

松佐「気をつけろよ初陣うまくいきすぐて次あっさり死ぬ奴を大勢見てきたぞ」

角&告「え゛っ!(汗)」

干斗「・・・・・・」

「・・・・・・」

「って事はあの隊長も初陣は結構恥ずかしい感じだったりしたんスかね?」

尾平「・・・」

昴「・・・尾平さん」

尾平「ククッ いやあいつの場合は全然違うあいつは初陣の蛇甘平原じゃいきなり敵の守備隊に一人突っ込んで 後ろから続く俺達の為に突破口をあけた 多分あれだけで二十人以上ぶっ倒してる」

新兵達「えっ!!」

尾平「その後も窮地に一人馬に乗り」「敵の大群に突っ込んで皆を救ったり」

新兵達「!!」

尾平「初めて見た装甲戦車をぶっ倒した」

新兵「えっ!?」

尾平「そして最後に麃公将軍の突撃のドサクサの中※麃公(ひょうこう) 朱鬼だか麻鬼だかの敵の将軍の首までとっちまったんだ」

新兵達「ええっ!?」「そ・・それ全部初陣でやったんですか!?」

尾平「ああ」「そうだ だから信は」「初陣の一戦だけで百人将になっちまった」

新兵達「!?えっ! う、初陣の一発で百人将に!?す・・・すごすぎる・・・!」

松佐「フッあいつに関しちゃもはや笑うしかないだろ?」「だが一緒に戦ってるともっと驚かされることばっかだぞ」

新兵達「えっ!」

松佐「俺や祟原からは十近く下のアホなガキなんだが」「とにかく戦場じゃァ」

「誰よりもかっこいいんだよなー信って男は」

松佐「はっ!ってこんな話をしに来たんじゃなかった!しまった!」

祟原「ああ、そうだった!」

尾平「たしかに今のは気持ち悪かったぞ!松佐 鳥肌立つわ!」

昴「オイラも」

干斗「えっ! いっ、いい話じゃないスか(汗)」

尾平「あ!そうだ!」あの二人だよこの酒の本命は!」「信とまではいかないが初陣でありえない武功をあげたあの兄弟!」

告「え、この惇兄弟スか?」

角「ここにいますが何か」

干斗「すっこんでろブタ兄弟!(怒)」

新兵「仁と淡の弓兄弟スよね」

尾平「あ、そーそー!仁と淡!あの兄弟の矢で城壁おとしたようなもんだって聞いたぞ!」

干斗「いや、正確に言うと 凄かったのは小っせェ兄貴の仁の方ですね」

「何でも山の民が城壁登っても下から撃ち続けて三つの矢の筒が空になったって」

「恐らく一矢で一人殺しただろうって噂です」

新兵「えっ!じゃあ一体何人撃ち殺したんだ!?」

干斗「逆に弟の方は一本も当たらなくて途中で撃てなくなったようです」

尾平「え」

松佐「そうか・・・それは少し心配だな」

祟原「・・・二人ともな」

松佐「ああ」

干斗(二人とも?)

松佐「それで仁淡兄弟はどこにいる?」

干斗「いや、それが列尾落としてから誰も見てないんです」「二人の姿を・・・」

・・・

・・

―うずくまる淡

―矢筒には沢山の矢

淡「・・・」

 

淡の回想シーン

―矢を撃てず盾に隠れる淡

仁「終わったぞ淡」

淡「!兄ちゃん」

仁「お前は少し反省しろ!」

―淡の顔を叩く仁

―一人泣いている淡

淡「・・・」「グスッ」


スポンサーリンク



巡回中の河了貂

―貂が城の様子を見て何かに気付く

河了貂「・・・この城って・・・」

「ん?」

―その時、仁の姿を発見する貂

「あ」

―貂が馬を降りて淡に近寄る

河了貂「こんな所に一人で何やってるの 仁」

仁「!」

―うつむく顔を上げる

仁「・・・軍師殿・・・」

河了貂「・・・悪かったね初陣でいきなり大役を任せちゃって」

仁「・・・いやそれは嬉しかったです」「ただいざ始まると全部の事が思ったのと全て違ってて・・・」

河了貂「手が震えてるね」

仁「今まで一番力んで撃ち続けましたから・・・それに初めて人を撃ったから・・・」

河了貂「・・・後者だろうね、きっと」

仁「・・・」「すみませんこんな弱い奴が隊に入ってしまってがっかりですよね」

河了貂「何言ってんの今回の隊内の第一武功は間違いなく仁だよ」

「それにね」震えてこその飛信隊だよ、仁」「その優しさと弱さはこれから強くなれる証だ」「うちは皆色んな壁にぶつかってそれを乗り越えて成長してきた」

「もちろん信だってそうだし」「オレだってそう」

仁「!」

河了貂「オレも最初は怖かった戦いを操作して相手を殺すのも味方を殺すのも嫌な言い方だけど慣れるってのもある・・・でもそれでもまだやっぱり怖いのは怖いよ」

「だけど飛信隊はそれでいいと思ってる”弱さ”があるから本当の”強さ”を知れるんだ」

「初陣で何も感じず喜々として大勢を撃ち殺すような奴なら飛信隊(うち)じゃなく桓騎の軍にでも入ればいい」

仁「・・・」

―貂を見つめる仁

河了貂「だから・・・」「この手の震えは決して恥じるものではないよ 仁」―貂が仁の腕に手を添える

仁「・・・」「ありがとうございます」「手の震えは止まらないけど」「肩は少し軽くなりました」

河了貂「そ・・・よかった」「じゃーそのまま皆の所に行って少し騒ぎなよ」「きっともっと元気出るから」

仁「はい」「でもその前に弟を探しますきつく叱ったので」「どこかできっと落ち込んでるだろうから」

河了貂「・・・しっかりお兄ちゃんなんだね」

仁「・・・はい」「あいつにはオレしかいないしオレにとっても」「たった一人の大切な弟だから」

河了貂「・・・・・・・・・」「あっ!そうだ!この城の事を急いで王翦将軍に報告しなきゃ!」

―本陣へと馬を飛ばす貂

河了貂「へ?」

―本陣の兵士たちが慌てている

河了貂「なっ、何この大騒ぎ!」

兵士「誰も見てないとはどういう事だ!」

兵士「我々も何が起こっているのかわかりません!」とにかくっ・・・騒ぎにするなと麻鉱様が!」

兵士「敵が侵入した形跡はないのであろうな!」

兵士「それもわかりません!」

兵士「その麻鉱様はどこにおるのだ!」

兵士「わっ、我々も今探しております!」

河了貂「王翦将軍本陣なのにっ・・・何があった!?」―王翦軍の兵が貂に詰め寄る

兵士「何だ貴様はァっ!!」

河了貂「わっ!」

―馬に乗る者が言う

※※※
「この者は飛信隊の軍師だ」

河了貂「あっ、楊端和!」―楊端和が部下を引き連れている

楊端和(ようたんわ)「お前も来たのか 河了貂」

河了貂「そ・・・そう」「でも何なのこれ!」「王翦将軍に話があって来たんだけど
その本陣で一体何の騒ぎ・・・・・・・・・」

―未だ門前で兵士が騒いでいる

兵士達「何か指示は!」「それが何も!」「とにかく中に入れろ!」「お待ちを!中も混乱しております!」

楊端和「私も王翦に会いに来たのだがどうやら・・・」「その総大将 王翦がこの列尾城から姿を消したようだ」

河了貂「えっ!?」

次回に続く

 

第510話 感想

前回は王翦将軍のみが列尾に仕掛けられた李牧の罠に気付きましたが、どうやら河了貂も気付いた様です。

肝心の王翦将軍はどこかに消えましたが、河了貂が気付いたという事は列尾城の仕掛けが飛信隊に知れるのも近いという事なので、列尾にどんな策を李牧が仕掛けたのか明らかになる日も近いでしょう。

そして次回以降の予想ですが、話のメインは一度趙軍に移りそうな気がします。

今までの展開としては、列尾という趙にとっての重要拠点を秦国が奪い、趙国が不利な状況です。

しかしながら趙国も李牧による列尾に仕掛けた秘策によって状況を打開しようとしているのが現状です。

両国間の優劣の差が少ない方が話が盛り上がりますし、そう考えれば趙国主観で話が進む方が妥当でしょう。

王都にいる悼襄王はどうでも良いですが、王都圏に向かって走っている李牧はどうなっているのでしょうか?

それと三大天の一人である龐煖、更には燕国に攻められている青歌の司馬尚の現状も気になるところです。

この機になっているあたり、そろそろ動きがあって良い頃だと思っています。

これからのキングダムの展開を楽しみにしていきましょう。


スポンサーリンク



漫画『キングダム』第510話 読者の感想・評価は?

20代 男性

20代 男性
そもそも今回の作戦って敵の首都を落とすって事だろ
だったらこんな城に時間掛けてないで早く攻め入ったほうがよくね?
まあ俺は戦略の専門家じゃないんでよく分からんが・・
30代 女性

30代 女性
列尾城を孤立化させて中継基地の役割をなくさせるとしたら
まあ、すぐに思い付くのはやっぱり水攻めだよな
近くに黄河が流れていて、その黄河は過去に氾濫を起こしながら何度も流れを変えている
個人的に考えたのだが、列尾城のある場所は古くは川が流れていた場所で
上流から水を導けば城が水に囲まれて孤立化する可能性があるというのはどうだろうか
20代 女性

20代 女性
私には歩兵長というのがどれくらい偉いのかいまいちわからない。

尾平が什長クラスっていうのはリアルだな。
武功じゃなく精神的に飛信隊を盛り上げてきた功績を考えたらもうちょっと上げてやりたいが。

10代 男性

10代 男性
城の秘密が何なのかって二週も引っ張るなよ
これで次号休載だったらマジギレするとこだとハラハラしたわ
30代 女性

30代 女性
すでに初陣で自分の力不足は思い知っただろうし
さすがにそんな勘違いする奴はいないんじゃね
あれは信が特別でカリスマ性あるんだぞと新兵や読者に思わせる為のage語り

漫画『キングダム』最新刊を無料で読める方法を限定公開!

キングダム ネタバレ 48巻
  • 漫画『キングダム』第48巻の内容が気になる!
  • 漫画『キングダム』第49巻が発売される前に第47巻ぐらいから読みたいから漫画喫茶行こうかな?
  • 漫画『キングダム』を初めから一気に読んでみたい!

そんな方に、今回ご紹介させて頂くおススメな方法は、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』になります。

映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

若者の間では、電子書籍サービス利用者が急増中という事もあり、知っている方もいるかもしれませんね。

そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施していて、これが絶賛お勧めな最大な理由です。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

また、読める漫画の種類も大変豊富で、

映画化でお馴染みの漫画『東京喰種:re』が読めたり、

東京喰種 漫画 最終回 ネタバレ

大人気漫画『キングダム』全巻が読めたり、

花園メリーゴーランド ネタバレ最終回

ジャンプでNo.1人気を誇るドラゴンボールを超えた漫画『ワンピース』が読めたり、

ワンピース 考察 最終回

他にたくさんあり品揃いには定評があります。

何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

U-NEXTからのお客様還元キャンペーンみたいなものですから。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。

花園メリーゴーランド ネタバレ最終回

 

まとめ

キングダム ネタバレ 510 感想

出典:http://heavens-fox.blog.jp/archives/69770561.html

漫画『キングダム』第510話のネタバレ・感想をご紹介してきましたが、いかがでした?

前回、新兵達はいろいろあり、新兵達が夜になり何を思うのか?について今回は描かれていましたね。

次回以降の予想ですが、話のメインは一度趙軍に移りそうな気がしてならないですね。

趙国主観で話が進むのが堅いとは思うのですが、間違ったら申し訳ないので、断言はできませんが。苦笑

しかし、王翦が列尾の秘密に気づいたのは間違いないですね。

史実では、王翦は功労のない者を帰らせて1/5の精鋭部隊で趙の鄴を攻略したという記述がありますので、それがこの王翦消失につながってくるのかなと思いました。

それでは最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

良かったら、いいねボタンを押して頂けると幸いです!

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

キングダム 547 ネタバレ

キングダム最新話547話ネタバレ・考察! 信と尭雲の直接対決!

『キングダム』最新554話ネタバレ・考察!

『キングダム』最新554話ネタバレ・考察!舜水樹の失策とは?!

キングダム 全巻無料 zip rar ダウンロード

キングダム全巻無料はzip・rarでダウンロードできる?

東京喰種:re 161 ネタバレ

『東京喰種:re』最新161話ネタバレ・考察!カネキを救出できるのか?!

東京喰種:re 160 ネタバレ

『東京喰種:re』最新160話ネタバレ・考察!カネキが喰種の力を使う?!

『東京喰種:re』最新165話ネタバレ・考察!

『東京喰種:re』最新165話ネタバレ・考察!六月が才子を救う!?