ハンターハンター最新371話ネタバレ!サイレントマジョリティーの正体は?

ハンターハンターネタバレ371
Pocket

漫画『ハンターハンター』最新371話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

370話が終わったところで、休載に入りましたね。

今後の展開が楽しみだったのに。残念でしたね。

サイレントマジョリティーとバビマイナなど、重要なポントが多く、とても先が気になりますね。

それでは早速、漫画『ハンターハンター』最新371話のネタバレ・感想をお届けしていきますので、最後までしっかりとご覧ください。

関連記事:ハンターハンター最新372話ネタバレ・感想!クロロVSヒソカの因縁の戦いが実現?!

関連記事:ハンターハンター最新刊35巻発売日&無料で読める方法


スポンサーリンク



漫画『ハンターハンター』前回のあらすじのおさらい

ハンターハンターネタバレ371

出典:http://comiblo.com/sairentomajotukaite/

クラピカ「それでは全員集まってくれ。これから念について説明する」

刺客(王妃と王子の警護を考慮し主寝室を背にする形で講義を行う様子・・・(ここまでこちらの想定通り・・・!)

クラピカは自分たちと警護人たちの間にテープで白線を引いた。

クラピカ

「まず最初にその白線よりこちらに入る事は絶対にやめてくれ。」

「警護上破った者は退場してもらうこともあり得るし」

「状況次第では警告無く武力を行使する場合もある」

刺客

(サイレントマジョリティの座敷人形(黒ぼっこ)を視る事が出来るのは)

(能力者本人(俺自身)と憑かれた者(ロベリー)の2人だけ・・・!)

(集まった者の中には任務の重要性を考えると途中退場になる様な輩はいないと思うが・・・)

クラピカの説明の直後、ミュハンが何食わぬ顔で白線を踏んでいる。

ミュハンを睨み付けるクラピカ。

クラピカ「名前と所属は?」

すっとぼけるミュハン。

ダンジン「おい!」

ダンジンがミュハンに声をかける。

ミュハン「ん?ああ俺か?第4王子私設兵ミュハンだ。よろしく~」

クラピカ「ミュハン・・・これが最後の警告だ。白線の後方に下がれ」

ミュハン「ん?お~っと、こりゃうっかりだ。すまないな」

1歩後ろに下がるミュハン。

ミュハン

「悪かったな。二度としない約束するぜ」

「俺は約束したら絶対に守る男だぜ。ただ約束ってのはお互い守ってこそ成立するもんだよな?」

「少なくとも俺はそう思ってるし破られたら頭に来るぜ?」

「あんたは守ってくれるんだろうな?ただの時間稼ぎじゃないよなァ~?」

クラピカ

「2週間で皆が念を使える状態にする!最初に言った通りだ」

「ケンカ腰(スラム流)でしか話が出来ないのか?束ねる王子の程度も知れるな」

クラピカの言葉に怒ったミュハンが白線を超えて迫ろうとする。

しかし、ダンジンがこれを制止する。

ミュハンに左手で構えた銃を向けるクラピカ。

クラ

「――という誤解をもたらしかねない言動は慎んだ方がいい・・・」

「ここまでがワンセンテンスだ。宜しいか?」

ダンジン

「全面的に同意する・・・以後気を付けよう。許してくれ」

怒りが収まらないミュハンはクラピカを睨み続ける。

刺客

(想定を超える馬鹿がいたな・・・お陰で全員の注意があっちに向いた)

(残念ながらアイツはターゲット(射程)の10人には入っていないが・・・)

(不測の事態で座敷人形(黒ぼっこ)が一人も殺さず強制解除されると呪いが術者(こっち)に返ってきてしまう)

(リスク覚悟で早めに一人殺っておくか…呪唇白蛇(ツチボッコ)攻撃準備…!)

クラピカ

「せっかくだ。各々自己紹介してもらおう」

「ミュハンの次から時計回りにいこうか」

ヒュリコフはクラピカを観察している。

ヒュリコフ

(所作をみると右ききのはずだが銃を左手で構えた・・・きき手を自由にしておきたい証拠)

(具現化系・操作系にままいるタイプだ)

(右手周りの”纏”が強い・・・全体的なオーラのなだらかさから考えて未熟からくるものではなく)

(系統による特性・・・具現化系だな・・・)

(袖を長めにして手を隠しているし能力発動に右手が重要な役割を持つのは確実!)

(強化系・変化系は手練れ程、得意な攻撃を発する部位の”纏”が弱く(静に)なる)

(放出系・操作系は総じて”纏”で覆うオーラの体積が大きくなり意図的に縮めようとしても色が濃くなりがちだ)

(全てほんのわずかな差で俺だから気付けるくらいの違いだがな)

(ほぼ間違いなくクラピカ(コイツ)が自白に持ち込める能力の持ち主・・・!)

(バビマイナの見立てはどうかな・・・?)

スラッカ「どこにでも場をかき乱すバカがいるな・・・全く迷惑な話だぜ。なぁ?」

サカタ「・・・」

スラッカはサカタに話を振ったが、サカタは無言だ。

その間にも自己紹介は進む。

ダンジン「第4王子私設兵のダンジンだ」

【主寝室の様子】

ビルは主寝室でオイトの警護をしている。

事前にクラピカと警護中の行動を取り決めていた。

クラピカ

≪バビマイナは王妃が念能力者だと思い真意はともかく気を遣って”円”を解いた・・・≫

≪この機に王妃の能力開発をすすめたい・・・≫

クラピカの言葉を思い返しながら、修行中のオイトに声をかける。

ビル「王妃・・・どうですか?」

両手の人差し指を合わせるオイト。

オイト「ここ・・・かしら?」

「自信は無いけどここで押し合ってる感覚があります・・・かな・・・?」

ビル

(約1cmか・・・まあ、普通だな。)

(いや・・・う~~ん・・・多分がっちり時間がかかるタイプだなこりゃ)

ビル「OKです。続けて下さい」

【クラピカ達の部屋】

他が自己紹介している隙にバビマイナに接触するヒュリコフ。

ヒュリコフ「よォ・・・何で”円”解いてんだ?」

バビマイナ「お前には関係ない」

ヒュリコフ「じゃ俺にも関係ある話をするか・・・敵の想定戦力の一次報告を頼む」

バビマイナ

「戦略・戦術共に中心はクラピカ(アイツ)で間違いない」

「具現化系か操作系で自白強要の他にも能力を隠し持っている可能性が高い」

ヒュリコフ「対応計画は?」

バビマイナ「まだだ」

バビマイナ「王子の念獣が確認できてない・・・ビルの能力も未知数で立案の段階ではない」

ヒュリコフ「OK。立案までの予想日時は?」

バビマイナ「次の晩餐会終了後だな」

バビマイナの肩を叩き、彼から離れるヒュリコフ。

バビマイナ「フン」

ヒュリコフに叩かれた場所を手で払うバビマイナ。

刺客(もう一度・・・誰かが全員の注意を引いたら攻撃開始・・・!)

ヒュリコフ「第一王子私設兵のヒュリコフだ」

ムシャホ「第5王妃所属警護兵隊長ムシャホだ」

クラピカ

「さてこれからこの16名で念を覚えてもらう訳だが・・・」

「途中の修得速度に個人差が出ても2週間後には全員が念を使えるので安心してくれ」

「レッスンを円滑に進める為、1つ確認しておきたい。正直に答えてくれると有難い」

「この16人の中で既に念が使える者・・・!挙手してくれ」

ベレレインテとヒュリコフが手を上げる。

クラピカ「2名か。他には?」

手を挙げた2人をみて他の者がヒソヒソ話す。

ロベリー「あの人達・・・使えるのに何で来たのかしら?」

ユウリ「さあ?」

ロベリーがベレレインテの背後に控える座敷人形に気付く。

ロベリー「!?」

刺客(気付いたかよしよし・・・!しっかり皆の気を引けよ・・・!)

クラピカ

「その2名はいわば監査・・・!私の指導っぷりを厳しく審査してくれるわけだな」

「私は大歓迎だ。忌憚のない意見やアドバイスをくれると大変助かる」

ヒュリコフ(残りの4人はしらばっくれる気か。まぁ俺以外の奴にはバレないだろうしな)

ヒュリコフが何かを見ているロザリーの異変に気付く。

しかし、彼女の視線の先を目で追うがそこにいるはずの座敷人形を視る事が出来ない。

ヒュリコフ(何だ・・・?あの女、何が視えている・・・?)

ロベリーは小声でユウリに話す。

ロベリー「ちょっとあの女なに?」

ユウリ「え、誰?」

ユウリがロベリーの視線を追うがやはり何も視えない。

ユウリ「女なんていないわよ」

ロベリー「え?そんなハズないでしょ。そこよ!変なマスクつけて!」

ユウリ「いないってば。どこよ!?」

ユウリの反応に、思わず大声をあげるロベリー。

ロベリー「そこよッッ見てよ!そこに変な女がいるってば!!」

ロベリーが指を差した方を全員が振り向く。

刺客(よォ~~~し!攻撃(行け)!!!)

座敷人形が攻撃態勢を取る。

「どこだ・・・?」

「ここ?」

ロベリー「え!? ヤダヤダ あたしだけ!?え ヤダ!!」

ロベリーの方に注目が集まっている中、背後からドサッと倒れる音がする。

「!!!」

「バリゲン!!!?」

バリゲン「ッッ・・・・・・ッ」

バリゲンの首に蛇型の念獣が巻きつき締め上げている。

苦しみながら蛇を引きはがそうとするバリゲン。

突然の出来事に警護兵達は慌てふためく。

「どうした!?」

「何か白いのが首に巻きついてる!」

「はずせ!」

「バリゲン手を離せ!」

バリゲンの血が蛇に吸われ瞬く間に干からびていく。

刺客

(呪唇白蛇(ツチボッコ)は全部で4匹)

(一匹ならば44秒で4匹同時に一人を襲えば11秒で全身の血を吸い尽くす)

白蛇「シャ――――ァッ」

サカタが4匹のツチボッコを銃で撃つ。

撃たれたツチボッコは煙の様になり消えていく。

サカタ「離れていろ。まだ体の中にいるかもしれない」

「とけ…消え…た!?」

「こいつらは一体!?」

「これが念獣か!!」

バリゲンの遺体を調べるベレレインテ。

サカタ「おい!」

ベレレ「あ~らら、まだ息があったかも知れないのに 殺したのはア・ナ・タよ」

サカタ「どう見ても死んでたよ。国王軍に連絡してくれ」

クラピカ

(第3王子の私設兵も9mmパラか)

(“凝”でガードしても無傷ではすまない威力・・・)

(状況次第で45口径やH&K(ヘッケラー&コッホ)が登場してくると思った方がいいな・・・)

(だがそれより当面の問題は・・・)

クラピカは慌てふためく他の警護兵を見ながら冷静に分析している。

バビマイナもまた、クラピカを観察している。

バビマイナ(微動だにせず一所懸命か・・・いいタマだ)

(お前なら気付いてるだろ・・・これは王子達の念獣じゃない)

ユウリ「ロベリー!あんたの言ってた変な女は!?」

ロベリー「え?あ・・・!いない・・・!どっか行ったわ!えぇ!?」

シェジュール「・・・これが我々の念修得を妨害する意図だとしたら」

ユヒライ「ここに人員を派遣していない王子の念獣の仕業か・・・!?」

警護兵たちがさまざまな憶測をし始める中、

クラピカは解決すべき問題をしっかり認識していた。

クラピカ(この中に潜む暗殺者を探す事・・・!)


スポンサーリンク



前回の感想

バビマイナがろくでなしブルースの葛西に似ている半面、スラムダンクの宮城リョータにも似ている気がしますね。

冨樫さんはすごいやんちゃで男気があるキャラを参考にして描いたのでしょうか??

にしてもクラピカが分析している時の活字を読むのがつらかったです。(笑)

 

漫画『ハンターハンター』371話ネタバレ

ハンターハンターネタバレ371

出典:http://keyaki46blog.com/archives/techi-hunterhunter-369.html

クラピカが2週間で念能力を教えることとなり、集まった16人の護衛兵たち。

色んな16人が集まりましたね。

いよいよクラピカからの念能力の指導が入るのかと思いきや、まさかのさっそく1人やられてしまう事態に!

謎の能力者によるサイレントマジョリティーが発動してしまいました!

クラピカなど、念能力が使えるメンバーがいる中で起きた事件。

これはけっこう術者にとっても、リスクが大きかったのでは?

クラピカがいるので、すぐにバレそうな気もしますが…リスクと言えばもう一つ。

どうやらこのサイレントマジョリティーの能力は、1人も殺さず強制解除すると呪いが術者に返ってくるとか。

使うのむず!!

ってことは発動させたら最後、必ず1人はやらないといけないようですね。

それを使いこなすほど、レベルが高い能力者ということでしょう。

第10王子の従事者ロベリーが黒ぼっこ(座敷童子)の存在に気付き、

「そこに変な女がいる!!」と叫んで全員の注目がそっちに集まったところ、サイレントマジョリティーの攻撃が開始!

冷静沈着な能力者そうな雰囲気がありましたが、攻撃の際に「よォ〜〜し!」とちょっとハイテンションに?どうやら当初予想していた感じとは、違うキャラの持ち主のようでした。

ツチボッコ(呪唇白蛇)の攻撃よって、突如苦しむバリケン。

このツチボッコは、1匹なら44秒で血を吸い尽くし、4匹なら11秒で血を吸いきってしまう恐ろしい能力。

カップラーメンさえも出来上がるのが待てないまま、あの世にいってしまうスピードです。

どんどん血を吸われていくバリケンに、トドメを刺したのは第3王子の施設兵サカタ。

銃でバリケンを打ち抜きます。

そしてサカタが使用した銃は9mmパラ。

クラピカは「凝」でガードしても、ただでは済まないと悟ります。

一連の流れを冷静沈着で観察するクラピカを、内心高く評価しているのがバビマイナ。

自分と同じくクラピカも、今回の攻撃が王子たちの念獣じゃないことに気づいているだろうと考えている様子。

一体誰がサイレントマジョリティーの能力者なのか?疑えば怪しそうな人物はいますが、、、サイレントマジョリティーの攻撃の際、能力者のあの口調。該当する人物が思いつきません!

それとも見た目と話し方が違う人物なのでしょうか?

念能力の教えを乞う16名を除外すると、バビマイナ、サカタ、ハシトウ、スラッカ。ん〜この中だとスラッカ?の可能性もありそうですが、もしかしたら外部から仕掛けられている可能性もあります。

現段階でサイレントマジョリティーの能力者を割り出すのは、難しそうですね。

おそらくこの後も何度かは、サイレントマジョリティーが発動されるはず。

クラピカ含め、洞察力があるバビマイナや第1王子の施設兵ヒュリコフもいるので、自ずと割り出されるでしょう。

それとも発見される前に、違う展開を迎えるのか!?

ハンターハンターのことなので、おそらく予想外のところから現れそうですね!どんな内容になっているのか、とても楽しみです!

漫画『ハンターハンター』今までのネタバレを読むならこちら


スポンサーリンク



漫画『ハンターハンター』最近の評判・感想は?

 

まとめ

ハンターハンターネタバレ371

出典:http://xn--w8jtkjf8c570x.com/?p=10946

漫画『ハンターハンター』最新371話のネタバレ・感想をご紹介していきましたが、いかがでした?

正直、クラピカが行動に出れば一発で刺客が分かりそうですが、人数を減らす展開を描いてい浮くのなら、実行はまだ先になりそうな…。

ということで、今後、念の指南に入るのか、それとも数を減らすだけ減らす展開になるのか、はたまた、どちらでもないのか…?

それ次第である程度展開は決まってきそうですが、何より、描いているのが冨樫先生。いつもの予想の斜め上の展開に期待しましょう。

それでは最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

漫画「僕のヒーローアカデミア」第163話ネタバレ・感想!轟&爆豪 仮免講習スタート!!

ヒロアカ163話ネタバレ・感想!轟&爆豪 仮免講習スタート!

約束のネバーランド最新89話ネタバレ・考察!レウウィスに特殊弾が効かない?!

ヒロアカ ネタバレ 185

ヒロアカ最新185話ネタバレ・考察!ヒーローNo.2がエンデヴァーに喧嘩を売る!...

ブラッククローバー最新146話ネタバレ・感想!ユリウスの生死は?

ブラッククローバー最新146話ネタバレ・考察!ユリウス生死の結末はいかに!?

火ノ丸相撲 ネタバレ 172話

火ノ丸相撲最新172話ネタバレ・感想!横綱とは皆の憧れ!

ブラッククローバー ネタバレ 最新 158話

ブラクロ最新158話ネタバレ・感想!エルフ族を追い返す事ができるのか?!