アオアシ最新140話ネタバレ・感想!福田監督の言葉にサブメンバーが覚醒する?

アオアシ ネタバレ 最新140話
Pocket

本記事では、2018年6月11日発売のビックコミックスピリッツ掲載の漫画『アオアシ』最新140話のネタバレ・感想をご紹介していきます。

小早川先輩の復帰でレギュラー組は、ベストメンバーとなり葦人が入る隙などまるでなくなってしまった。

プレーを見るとそれをなおさら、痛感させられる葦人であった。

3日後に行われた紅白戦では、レギュラー組とサブ組に大きな力量差があることをまざまざと見せ付けられてしまう。

しかし、その試合をとめながらサブ組にも時間を割ティーチングする福田監督。

そこで語られた”強いチームの条件”それは、サブも強いこと。

実力差がありすぎる状態に責任を感じているからこそ福田監督は、サブ組の闘争心を煽る!

「サブメンバー、頼むぜ。お前ら全員にかかっている。食らいついて来い!」

さて、その言葉を受けたサブ組の面々はどう出るのでしょうか?

そこで今回は、ビックコミックスピリッツ掲載の漫画『アオアシ』最新140話のネタバレ・感想をお届けしていきます。

関連記事:アオアシ最新刊13巻発売日はいつ?最新刊をスマホで読むならココ


スポンサーリンク



漫画『アオアシ』前回のあらすじのおさらい

エスペリオンは柏商を下したことでプレミアリーグの首位となった。

そして試合翌日、左SBのレギュラー、3年の小早川がケガから復帰!

葦人や大友が、小早川先輩のプレーを見ている。

4対4のミニゲームでは、レギュラー組みにすんなりと対応している。

ベストメンバーが揃ってレギュラー組に勢いが増したことで、自分の入る隙がなくなったと実感する葦人。

3日後の木曜にレギュラー対サブ組みでの紅白戦が行われた。

序盤は、レギュラー組みに全く歯の立たないサブ組み。

大友も黒田もレギュラーとの実力差を痛感しているようだ。

たしかにこれではいつ、福田監督に見限られてもおかしくはない。

福田監督は、その都度ゲームを止めて両チームで気になったところに直接指導を加える。

レギュラーだけではなく、ベンチに入れない大友や黒田・1年にまで。

その間、葦人は富樫とレギュラーのディフェンスラインに関して話をしていた。

葦人の意見としては

  • 小早川先輩のプレー自体は、派手ではなく堅実である。
  • 個が見えてこないプレーである。

葦人は、富樫にも見解を求めるが、「興味ねえな。」と言い残し去ってしまう。

試合は進み、清水がドリブルで上がってきたところに小早川が当たる!

そして、清水が横にパスを出したその時だった。

小早川が、阿久津と志村のセンターバックメンバーにコーチングを始めた。

「ライン上げろ!!」

これに驚いたのは葦人。

(サイドバックがラインを統率するなんて・・・センターバックにコーチングして・・

確かにCBよりSBの方がディフェンスラインを見渡せるからラインを統率しやすいが・・・)

山田が黒田からボールを奪い、阿久津が山田へと指示を出す。

「そのまま持って運べ!俺も上がる!」

しかし、小早川は上がらないということに葦人は注目していた。

桐木から義経、そして遊馬へと繋がり、Bチームのゴール目前だ!

遊馬は葦人と富樫の間を楽々とかわしてシュートを決める。

そこで、冨樫がキレる。

「葦人ォ!!! テメエ、寄せが甘いんだよ!行くなら行く行かねえなら行かねえ・・・ハッキリしろや!」

自覚が全くなかった葦人。

富樫が言うには、フラフラとせずにもっと中をケアしながらポジションを取れということだったらしい・・・。

しかし、福田監督がプレーを止めて歩み寄り冨樫に告げる。

「今言ったことをなぜ事前に指示しない?言わなくてもわかるだろうではダメだ。お前のプレーには対話がない。余計なプライドが邪魔してるんなら今すぐなんとかしろ・お前が今一番Bに近いぞ。」

これにはかなりショックの富樫・・・。

福田監督は、葦人にもティーチングを始める。

CBとSBどちらが敵にアプローチに行った際は、さっきのようにその間だけは死んでも抜かれるな!

そして、そのためであればSBがCBに支持したって良いのだ。

「レギュラー組みのディフェンスライン、どう思った?」

福田監督は葦人に問う。

それに対し葦人は自分の見解を答える。

  • 小早川さんは守備のバランスを取っている。
  • 阿久津と山田は超攻撃型のDFである。
  • それは、エスペリオンの武器の一つである。
  • 小早川は、2人がkぷげき参加しやすいように、2人が空けた守備の仕事をこなしている。
  • それだけではなく、守備のバランスを取りチームバランスをとっている。
  • 超攻撃型のエスペリオンにあわせ、個を消しチームにあわせる。自分とは違うタイプである。

それを聞きながら満足げに微笑む福田監督。

レギュラー組みに絞り支持するべきと言う弁禅コーチに対し、福田監督は”強いチームの条件”を話し出す。

”強いチームの条件”それは、サブも強いこと。

レギュラーが、年間を通して一番戦うのは紅白戦のサブである。

だからこそ、サブ組が強くなくては、いずれレギュラーも弱くなっていくと言う。

今のようにレギュラー組とサブ組との実力差がありすぎる状態に責任を感じているのだと福田監督は続ける。

「サブメンバー、頼むぜ。お前ら全員にかかっている。食らいついて来い!」

サイト管理人

サイト管理人
福田監督の言葉にサブ組はどう答えるのかが、これからの見所になりそうですね!


スポンサーリンク



漫画『アオアシ』最新140話 ネタバレ・考察

 

葦人と大友と黒田の会話

サブメンバーのレベルアップが必要だと説く福田監督はサブたちにアドバイス。

「とりあえず、もうちょっと人を頼ったほうがいい。自分の中で解決しようとしすぎ・・・まじめすぎてな。」

「信頼できる意見を求めて、人に訊け。訊いて、修正。この繰り返しだぜ、サッカーは・・・」

早速サブの選手たちは、弁禅コーチや月島コーチに訊きに行っているようだ。

それを横目に葦人と大友と黒田は3人で話していた。

大友は、今まで戦力になっていないという自覚からくる遠慮があり助言を求めにくかったのだという。

しかし監督の言葉に勇気をもらえからこそ、これからは堂々と訊きに行くのだと言う。

黒田は、自分が情けないと言う。

福田監督にあんな言葉を言わせてしまった事。

「なりふり構わずやってこなかった自分が情けない!」

アシトは自分より前を行っているという事、それは確か。

大事なのは”だからどうするか”。

大友と黒田は望コーチに訊きに行くのだと共にいう。

自分の良しあしをわかって厳しく言ってくれるからこそ。

しかし、葦人にはどうやら違う考えがある様子であった・・・。

 

一人考える葦人

葦人は、一人ベッドに横になりながら杏里がくれたメモを見返す。

杏里が葦人の動きをよく視てくれているのがメモを見ているとよくわかる。

内容が、かなり的を射ている。

改善する方法も理論的に書いてあるのだが、葦人には少し難解だ。

首振りや止めて蹴る反復練習で身につけられたのだが、守備練習は一人ではどうすることもできない。

望コーチに訊くという手もあるのだが、Aでやれると信じて送り出してくれた人だからこそ訊きにくい。

上がって1か月もしないのに頼るのは甘えのような気もしてしまう葦人。

(高杉さんは前線の選手だし、訊くとすればやっぱり・・・阿久津?)

 

冨樫の改心?

そんなことを考えていると、、同室の冨樫が柏商戦の試合をタブレットで見ていたらしく葦人に話しかける

「ちょっとサッカー教えてくれ。」

予想外の発言に目を丸くし耳を疑う葦人。

聞き間違いではななかった。

「教えろ。」

富樫が、タブレットで柏商戦の映像を見て確認しながら教えて欲しいというのだ。

「葦人がどうしてそこまで視野が広いのか。何を見てプレーしているのか逐一・・・」

冨樫は、プレーを一緒に見て逐一説明しろと葦人に言う

葦人は一つ一つ説明しながら、自分が勉強になることに気づのであった。

富樫にわかるような言葉に落とし込むからこそ、自分でもあの時のプレーがどうだったか腑に落ちる。

「やべっちFCという番組でもやってる。巻き戻しながら自分のプレーを選手に解説させてというあれ。」

富樫に説明しながら整理ですることにより勉強になっている。

とは言えあの富樫が、葦人に教えてくれと言うのも違和感がある・・・。

(どういうつもり?)

葦人のそんな考えはよそに富樫は葦人の俯瞰能力に驚愕していた。

「そんなとこまで見えてんのかよ・・・」

富樫は葦人に子供の頃何か変わったサッカーをしていなかったかと聞く。

葦人は思い出しながら答える。

「よくオカンの店で・・瞬兄と・・・」

しかしながら、言葉じゃわからないということで富樫は夜9時過ぎにもかかわらずを守備練習しようとボールを抱えて部屋を出る。

しかも、結構人数を集めて・・・

葦人は、そんな富樫の姿に口あんぐりであった・・・

サイト管理人

サイト管理人
富樫は、福田監督の言葉も杏里の言葉も気にかかっていたのかも知れませんね。それにしても凄い改心というか、これでサブ組も強くなっていって欲しいですね!

アオアシ 141話へ続く

関連記事:アオアシ最新141話ネタバレ・感想!葦人のプレイスタイルに変化が?!

 

140話の感想

富樫は、もしかしたら杏里の言葉が気になっていたのかもしれませんね。

だとしても、なかなか素直にライバルに質問をするということはできませんよね。

特に富樫の様な性格であるならおさら。

それというのも福田監督の言葉をサブ組の皆が重く受け止めたという現われですね。

この調子でどんどんサブ組が、強くなっていきそうな予感がしますね!


スポンサーリンク



漫画『アオアシ』最新140話は面白い?最近の読者の感想・評判は?

 

漫画『アオアシ』最新刊を今すぐ無料で読める方法を限定公開!

アオアシ ネタバレ 最新 131
  • 漫画『アオアシ』最新刊の内容が気になる!
  • 漫画『アオアシ』第1巻から読みたいから漫画喫茶行こうかな?
  • 漫画『アオアシ』を今すぐ読み直したい!

そんな、今回ご紹介させて頂くおススメな方法は、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』になります。

映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施していて、これが絶賛お勧めな最大な理由です。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

U-NEXTからのお客様還元キャンペーンみたいなものですから。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。

花園メリーゴーランド ネタバレ最終回

 

まとめ

今回は、ビックコミックスピリッツ掲載の漫画『アオアシ』最新140話のネタバレ・感想をお届けしてきましたがいかがでしたか?

福田監督からの言葉に刺激されてそれぞれのサブメンバーたちは思うところがあったようですね。

それに対して一番いい反応を見せたのは富樫だったのではないでしょうか。

今までライバルであった葦人に教えを請う姿というのは、とても感慨深いものがありましたよね。

しかし、自分たちのレギュラーメンバーとの力量差を真に受け止め、切磋琢磨する姿というのはいいものですよね♪

このやる気が、次に繋がっていくことを信じています!

そして、次号の141話は巻頭カラーでW杯特集なのだそうでめちゃくちゃ楽しみですね♪

スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

アオアシ最新130話ネタバレ・感想!アシトが柏大に狙われる!?

アオアシ zip rar 全巻無料ダウンロード

アオアシzip・rarで全巻無料ダウンロードは危険?

アオアシ ネタバレ 最新 131

アオアシ最新131話ネタバレ・感想!プレミアリーグで葦人が急成長?!

アオアシ ネタバレ 最新133話

アオアシ最新133話ネタバレ・感想!背番号10の栗林の実力が明らかに?!

アオアシ ネタバレ 124話

アオアシ最新124話ネタバレ・考察!栗林の言うコンプリートの意味とは?!

アオアシ ネタバレ 最新138話

アオアシ最新138話ネタバレ・感想!葦人が杏里に恋心を抱く?!