『七つの大罪』最新278話ネタバレ・考察!エスカノールが強すぎる?!

七つの大罪 ネタバレ 最新 278話
Pocket

本記事では、2018年8月22日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『七つの大罪』最新278話のネタバレ・考察をご紹介していきます。

前回、ついに力尽きてしまったデリエリ?!

真っ逆さまに落ちていくデリエリの顔からは、あの模様もフッと消えてしまったのですが、やはり死んだ事になるのでしょうか…。

デリエリは読者ファンも多かっただけに、予想はできていたけどショックが大きすぎた感じが伝わってきました。

モンスピートとのエピソードも泣けましたよね!

今回、マエルに立ちはだかるゴウセルがどこまで戦えるのか?が注目されています!

それでは、2018年8月22日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『七つの大罪』最新278話のネタバレ・考察を前回のあらすじのおさらいと共にみていきましょう!

関連記事:『七つの大罪』最新刊32巻発売日はいつ?表紙画像もご紹介


スポンサーリンク



漫画『七つの大罪』前回のあらすじのおさらい

救済の矢で胸を射られ、地面に真っ逆さまに落ちていくデリエリのもとへ走るエリザベス

マエルは呪文を唱えていて、キングも「四つ目の戒禁を取り込む気か…そうはさせ…」と言いかけたところで意識を失います。

サリエルは「マエル!それ以上戒禁を取り込めばもう君は君でいられなくなる!!」と警告しますが、聞き入れようとしません。

その直後、マエルから眩い光が放たれ、視界を失ってしまう一同。

デリエリの回想に移り、「心臓を打ち抜かれて…そっか私は死んだんだ。」と考えています。

「じゃあここが煉獄ってとこか…にしちゃどうも見覚えのある景色だ。まるで魔界と瓜二つ―」などと考えているところに、聞き覚えのある声…モンスピートです。

「メリオダスが女神像の虜囚を処刑しようとしたアラナクとゼノを殺し魔界を脱出した。だが彼は十戒の統率者だ。どうしたものか。」と話すモンスピート。

メリオダスが統率者だった頃の話をしていて、モンスピートに死んでいるデリエリの声は聞こえるはずもなく、他の誰かと会話を続けています。

それは、当時のデリエリで、「統率者だろうが裏切りは裏切り。絶対に許さない。奴を追って捕まえるぞ!」と声を上げています。

3千年前の魔界でした。

「私たちもメリオダスの真似事をしてみようか?」とふざけているモンスピートに「意味のわかんねえことほざくな!!」「お前が行かねえなら、一人で行くぞ」と先に進んでしまうデリエリ。

モンスピートは「行くよ勿論。お前を一人放ってはおけないさ。」とデリエリに続きますが、「冗談…ではないよ」と呟いていて、メリオダスの正しさに気付いていたことがわかります。

その様子を目にしたデリエリは「なんだ、お前はとっく伝えてくれていたんだ…なのに私がそれに少しも気付こうとしなかっただけ…」と…。

ありがとなモンスピート。ありがとうな エリザベス…

デリエリの回想が終わり、涙を流すエリザベスの姿。

「あなたの思いは決して無駄にしない。デリエリ後は任せてゆっくり眠って。そしてメリオダス、きっとあなたを救う」と決心したエリザベスがマエルを見ると、まばゆい光に包まれてしまっています。

拒絶反応を起こしながら、四つの戒禁と融合している様子のマエル。

一方のタルミエルとサリエルは、「任務は失敗だ。」と話しています。

「奴を抑え込むのに力を使い果たした…とんだヘマをしたなタルミエル」と、デリエリに攻撃され不安気なマエルに同情すると同時に、タルミエルが力を緩めてしまった事を責めます。

謝るタルミエルに「今のがマエルを止める唯一のチャンスだった。今のマエルにはもう闇も光も通用しない。立ち向かえるとすれば妖精か巨人…人間」と続けます。

妖精王のキングは大ダメージを受けていて頼れませんし、もし完全体であったとしてもマエルに勝てはしない、と絶望するサリエル。

ただ、「マエルを変えた張本人。ゴウセルの精神攻撃なら万が一の可能性がある…しかし今のゴウセルはかつての冷血無情の【十戒】とは別人」と少しだけ期待しているようです。

光に包まれているマエルを見て、「強大な魔の権化が生まれようとしている。それはもう僕らの知るマエルじゃない。」と。

「口惜しいよ…マエルを救う事も…エリザベス様をお護りすることもできず…四大天使が聞いてあきれる…お許しください最高神様…」とすでに悟っているようなサリエル。

タルミエルは涙を流しながら、「思い出して!!優しかったあの頃のあなたを!!」と叫びましたが、マエルの攻撃で倒れてしまいます。

そえだけにとどまらない攻撃。

エリザベスの隣にはゴウセルがいますが、ゴウセルはホークにキングを任せ、マエルに立ち向かいます。

謝罪するゴウセルに「気にすんな!俺たちにとっちゃ日常茶飯事だろ!!」と返すホーク。

ホークの声にはにかんだゴウセルは、「俺は自分さえ犠牲になれば、それで解決すると考えていた。でも彼の怒りは治まるどころか、このままではもっと大変な事態になる。」と。

そして、「許して欲しいマエル…!仲間を護るためにキミと戦うことを!!」と、【無欲】の人形ゴウセルが『これ以上仲間を失わないために』また立ち上がり…?!

 

前回の感想

かなりピンチな状況ですね。

ゴウセルが唯一、マエルの前に立ちましたが一体どのくらい通用するのか…。

あまりうまくいける気がしないのが辛いです。

でも、モンスピートの本当の気持ちを最後にデリエリが知れたのは、個人的に良かったかなぁ…と。

悲しいですけど…。


スポンサーリンク



漫画『七つの大罪』最新278話 ネタバレ・考察

マエルに立ち向かえるもの

立ち向かう事ができるのは人間族だという事ですが、人間族であるといっても聖騎士たちにはあまりにも分が悪すぎますよね。

アーサーは…と思ったのですが、現在死んでいる事になっていますし…。

そうなると、可能性としてはバンかエスカノールだけが候補として挙がってくるくらいでしょうか。

前回は、ゴウセルが戦う意志を見せていましたが、ゴウセルもまた人間族でない事を考えるとマエルを倒すというところまでは出来ないのかもしれませんね。

 

エスカノールの戦闘力

太陽の魔力を持つエスカノールは、正午まで半刻となった時に「我」と口調も変わり、闘級も11万4000にまでなります。

それでも十分な強さですが、正午きっかりには「ザ・ワン」となって1分感無敵になります。

1分間という設定を考えると、やはり本作中では1分間は最強・無敵の状態なのでしょう。

しかし、マエルは“元”太陽の魔力の持ち主ですから、1分間逃げ回られてしまう可能性もありえます。

それに、マエルには光の力は通用しないという事なのですが、太陽も光の力であるなら、そもそも勝ち目はありません。

そう考えると、エスカノールにはキャメロットへ向かってもらって、ゼルドリス達を相手に戦っていく展開になるのでは…と予想されます。

 

残された可能性は…

ゴウセル、エスカノールが無理…だと考えると、残る可能性はやはりバンでしょうか。

しかし、現状では煉獄で魔神王と対峙していますから、そこを抜けてここまで…と考えると無理があるような…。

もし、煉獄から抜け出せたとすれば、マエルの前に現れる可能性がありますが、ホーク頼りになりそうですよね。

煉獄へ行った時にもホークの目を通っていましたから、戻る時にも同じようにホークの目を通ることになりそうです。

それが叶えばマエルvsバンの戦いとなりそうですが、バンは不死身ですから「身体狩り」や「狩りの祭典」などが発動されて、マエルを追い込む展開もありえるかもしれません。

作中では魔神族・女神族が最強である、という描かれ方がされてきましたが、今後は人間族も最強の種族であると言われていくことになるのかも…。

関連記事:『七つの大罪』最新279話ネタバレ・考察!マエルの光玉の強さとは?

漫画『七つの大罪』ネタバレ・感想一覧はこちら


スポンサーリンク



漫画『七つの大罪』最新278話に対する読者の感想・評判は?

 

漫画『七つの大罪』最新刊を今すぐ無料で読める方法を限定公開!

七つの大罪 ネタバレ 274
  • 漫画『七つの大罪』最新刊の内容が気になる!
  • 漫画『七つの大罪』第1巻から読みたいから漫画喫茶行こうかな?
  • 漫画『七つの大罪』を今すぐ読み直したい!

そんな、今回ご紹介させて頂くおススメな方法は、漫画好きに欠かせないと言われている電子書籍サービス『U-NEXT』になります。

映画・ドラマ・漫画・書籍など、業界トップクラスの配信数を誇る優良公式サイトになります。

そのU-NEXTが現在、31日間無料キャンペーンという、お得なキャンペーンを実施していて、これが絶賛お勧めな最大な理由です。

私も無料トライアル期間という事で登録してみました!

そして、31日以内に解約したのですが、お金は一切かかりませんでした。

また、読める漫画の種類も大変豊富で、品揃いには定評があります。

何よりこの31日間無料キャンペーンを絶対逃さない方が良いですよ。

U-NEXTからのお客様還元キャンペーンみたいなものですから。

ただ、31日間の無料トライアル期間がいつ終わるのかについては分からないので、この機会に是非是非利用してみて下さいね。

花園メリーゴーランド ネタバレ最終回

 

まとめ

2018年8月22日発売の週刊少年マガジン掲載漫画『七つの大罪』最新278話のネタバレ・考察や前回のあらすじおさらいをご紹介しましたが、いかがでしたか?

前回、多くの読者が予想していたものの、やはり死んでしまったデリエリにショックが隠せないですよね。

デリエリの回想シーンでは、モンスピートとの会話が蘇っていて、やんわりとモンスピートの思いが伝わるシーンに感動しました!

穏やかな表情で倒れたデリエリに少し救われたような気がします。

しかし、もはや暴走モードのマエルに立ち向かったのはゴウセルだけ!

今戦えるのはゴウセルだけ…という事ですが、とにかく誰か助けに来てくれないと全滅のありうるのでは…?!

それでは、最後までご覧いただきありがとうございました!

※FODのYahoo! JAPAN IDを利用した31日間無料キャンペーンは6月末に終了します。
スポンサーリンク

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

七つの大罪 最新刊 31巻無料

『七つの大罪』最新刊31巻無料は漫画村で見れない時はこちら

七つの大罪 ネタバレ 考察 225話

七つの大罪225話ネタバレ・考察!ゴウセルとペリオの再会!

約束のネバーランド 73 ネタバレ

約束のネバーランド最新73話ネタバレ・感想!七つの壁の正体はいかに?!

『七つの大罪』最新276話ネタバレ・考察!

『七つの大罪』最新276話ネタバレ・考察!マエルから戒禁を奪う?!

七つの大罪 ネタバレ考察 200話

七つの大罪200話ネタバレ・考察!ディアンヌはドロールの姿に?!

『七つの大罪』最新267話ネタバレ・考察!

『七つの大罪』最新267話ネタバレ・考察!エリザベスがエスタロッサを護る!?